店舗型ショップとネットショップの実態!

店舗型ショップのメリットとデメリット

店舗型ショップの最大のメリットはお客さんが直に商品を観察できる点になります。通販のようにテレビやパソコンのモニターでは分かりにくい細部や質感をチェックする事ができます。店側としては、購入を迷っているお客さんにセールストークをする事もできます。直接、お客さんと会話をする事で信頼も築けます。
デメリットは、ランニングコストです。店舗を出すには家賃がかかります。規模によっては従業員も雇わなければいけません。他にも光熱費や備品などもあり、ランニングコストは決して安いとは言えません。最大のデメリットは在庫を抱えることです。店頭にある商品が完売されればいいのですが、品数を豊富にすると必ず在庫が余ってしまいます。在庫があるという事は仕入れ分マイナスとい事なので、他の売り上げでカバーしなければいけません。

ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップのメリットは、家賃や光熱費、人件費といった経費が掛からない点です。基本的に大型のecサイトでない限り、一人で運営します。自宅でパソコン操作をするので、コスト面ではネットショップに勝てる商売はありません。また、自由な時間も手に入れる事ができるので、ストレスも溜まりません。
デメリットは、ネットショップで収益を出せるまで、相当な時間を要するという点です。利益を出せるという事は必ずリピーター客がいます。リピーター客を獲得するには、より多くの新規客をネットショップに誘導しなければなりません。ネットショップを立ち上げても、すぐには集客できないので、時間をかけてSEO対策をするしかありません。

HP作成は現在ではソフトウェアを使用する事によって、誰でも簡単な操作で作成をする事が出来るようになっています。